ブログ

バンドと飲食店、support your local

今ごろですいません。あけましておめでとうございません。もう言わなくてもいい?(笑)

実は今月ぼくちんシフトに入ってないんですが、案外やることが多いです。当たり前か。
別府店の物件の契約も終わり、いそいそと準備中です。ご期待ください!
取引業者さまの選定も行っております。我こそはという方、ぜひご連絡くださいませ。
さて、タイトル。
『バンドと飲食店』
についてちょっと思ったことを。
昔からなぜかランズカフェはバンドに所縁がありまして、いつの時代もよくバンドマンが働いてたりします。
最近よく似てるなぁと思う事がありまして、
解散・閉店時のみんなの反応
です。
○○と言うバンドが解散します。
○○と言う飲食店が閉店します。
となったときの周りの反応って、だいたい
『えー』『寂しい!』『なんで!』『最後に行こう』『もっと行っとけばよかった』
です。
ほんで、多分解散するバンドのメンバーや閉店する飲食店のオーナーが思うことも一緒だと思います。
今ごろ言うな。

です(笑)
不思議なもんで、自分が応援してるものは永遠に続くと勘違いしちゃうんですよね。
そのバンドがGLAYぐらい売れてたら多分解散しませんし、その飲食店がサイゼリアぐらい売れてたら多分閉店しません。
何が言いたいかと言うと、自分が応援したいと思ってる(ファンになってる)モノをもっともっと常日頃から応援していってあげよう!って事です。
あなたが好きなバンドも、あなたが良く行く飲食店も、もしかするとギリギリの綱渡り状態で運営してるかもしれませんよ。って事。
そしてそれは、本人たちが辞めると決めてから応援したんじゃもう遅いんだよって事。
バンドであればライブに行って物販を買って。
飲食店であれば月に1度のところを2度行ってあげてください。
その逆も然り。
バンドはもっともっと良いライブをして、ファンに良い気分になってもらって。
飲食店であればお客様にもっと喜んで貰える空間を作って、月に2度来てもらえる努力をして。
バンド・飲食店も、ファン・お客様も、お互いがお互いのことをずっとずっと応援し続けていける間柄になるといいですね。
俺の敬愛するken yokoyamaさんが最近よく使う言葉ですが。
support your local
サポートユアローカル
いろんな意味がある言葉ですが、俺の訳し方はこうです。
『自分の好きなものぐらい、ちゃんと応援しよう。』
聞こえが悪いかもしれませんが、localの部分を「好きなものぐらい」って訳してます。
みんな前澤社長みたいに100人に100万円配れないし、ホリエモンみたいに民間宇宙ロケット飛ばせないし、天心選手みたいにメイウェザーとも戦えないけども。
おれも、大分の若者たち「ぐらい」応援します。
みんなも、自分の好きなもの「ぐらい」ちゃんと応援してあげてね。
バンドでも飲食店でもいいし。
友達でも、地元でもいい、家族でもいいね。
無くなって後悔しそうなものは、しっかりと応援していこう。おれもそうするぜ!
辞めると決めた人に対して自分の後悔を伝えたって、もう遅いよ。一番辞めたくないのは本人達だもの。腹くくった人に色々言ったってもうどうにもなりませんから。
support your local
自分の好きなものぐらい、ちゃんと応援しよう!
みんな、しっかり覚えといて!
※決してランズが閉店するわけではない(笑)

明日からでーす!150本限定!売り切れ次第、バレンタインパフェに移行します!

INFORMATION お知らせ

LINE@

LINE@でも情報発信中!

WANTED ランズマン募集

ランズマン募集 ランズマンに応募する!

CAUTIONランズからのお願い

貸切営業について